ワークショップの価値

アーティストや芸術家が主催するワークショップに参加したことはありますか?こうしたワークショップには大きく分けて2つの種類があります。創造性解放型と技術育成型です。

ワークショップで学べること

創造性開放型のワークショップとは具体的に言うと、「音を絵で描いてみよう」など感覚を研ぎ澄まし新しい世界を見る目を養うワークショップのことです。こうしたトレーニングを通じて心の奥底にある創造性を呼び覚まそうとする試みです。

対して技術育成型は、「パステル画の描き方」のような表現の技術面を学ぶためのワークショップです。ワークショップに参加する前に、自分が必要としているのはどちらのタイプかをはっきりとさせておきましょう。