大友良英のワークショップ

音楽家である大友良英のワークショップはとてもユニークで、参加者の創造性を解放してくれます。

従来の音楽ワークショップのような堅苦しさ(楽譜を読んで演奏するなど)は一切なく、音楽が本来持つ楽しさに直に触れることができます。

創造的であるためのワークショップ

音楽は小学生の頃からカリキュラムに含まれており、成績としてその能力が数値化されます。音程が外れている、リズムがあっていないなどの評価は西洋音楽的な規則の上での評価でしかありません。本来、音楽とはもっと幅広く自由なものです。大友さんはワークショップを通じて、こうした誤解から生じた音楽コンプレックスを解消しようとしているのです。