レインボーフラッグプロジェクト【市民参加型巨大平和アート】

世界平和記念日に広島平和記念公園に掲げる!

2010年11月11日、世界平和記念日に111メートルにも及ぶレインボーフラッグを広島平和記念公園に掲げ、広島平和文化センター理事長 スティーブン・リーパー様に贈呈いたしました。

さらには、同日広島にて開催された「ノーベル平和賞受賞者 世界サミット」ご参加者に対し、スティーブン・リーパー様より本プロジェクトについてご説明いただく機会にも恵まれました。 

~目的~

1.市民(特に若者世代)の平和意識や非核意識を高めるきっかけとする。

2.平和活動の原点に立ち返るため、日本では忘れ去られている、11月11日、第一次世界大戦が終結して制定された最初の「世界平和記念日」を毎年平和を考える日として確立させる。

3.日本各地の平和活動を1つに繋げ合わせ、平和に対する連帯意識と、ムーブメントを生み出していく。

4.日本中の若者世代の平和に対する想いをレインボーフラッグという巨大アートとして形にすることで、以後、様々な場で平和を訴えるコンテンツにしていく。

5.世界平和市民会議が全国各地に拡がっていく先駆けとなる活動にしていく。

6.市民一人ひとりの微力が集まれば、大きなこともできる!という希望のメッセージをレインボーフラッグという形にし、市民の始めの一歩を後押しする。

 

 

~レインボーフラッグプロジェクト内容~

 

●約2メートル四方の虹色のフラッグを47都道府県にそれぞれ1枚以上配布し、地域住民にピースメッセージを寄せ書きしてもらいます。

●この活動を地域で中心になって動いてくれる絆ピースリーダーを募集します。

●全国で寄せ書きされたすべてのフラッグを縫い合わせ、全長100メートル以上のレインボーフラッグを11月11日の世界平和記念日に広島平和記念公園に掲げ、翌日から広島で開催される「ノーベル平和賞受賞者 世界サミット」に市民の平和に対するメッセージとしてレインボーフラッグを届けます。

●11月11日11時11分に全国一斉に虹のように様々な色が混ざり合って1つになる平和の祈り「虹の祈り」を遂行します。

●11月11日に全都道府県一斉に、ピースシェアリングという地域社会の平和と心の平和について語り合う場を同時開催します。(イベントや集まりの規模は大小を問いません。)

このフラッグの動きを中心に、市民によるピースムーブメントを起こしていきます。

 

 

・2010年11月1日  NBC長崎放送ブログ -- 11/1レインボーフラッグ
・2010年11月11日 朝日新聞-- 平和願う虹の旗「世界に届け」 広島・平和記念公園
・2010年11月11日 中国新聞--七色旗で平和の願いアピール
・2010年11月12日 毎日新聞-- ノーベル平和賞受賞者世界サミット:開幕控え 平和祈る旗、原爆ドーム囲む--広島
・2010年11月12日 テレビ新広島-- レインボーフラッグ
・NHKニュース
・mixiニュース

・2011年1月15日 長崎新聞-- レインボーフラッグ広げよう 29日、参加者募集

<関連記事>
・2010年11月12日 共同通信--参加者ら広島の原爆資料館訪問 平和賞サミット12日開幕で

 

全体の詳細はこちらのサイトをご覧ください!

http://united-earth.jp/peaceflag.html

社会貢献共同体ユナイテッドアース(絆レインボーフラッグ)